のんびり道の駅めぐり

基本的にはのんびり、でも時には強行スケジュールで道の駅めぐりをしています。

<2018秋田>てんのう

菜の花ロードを引き返し、県道56号沿いの 道の駅てんのう へ。

大潟村秋田市の間、潟上市にある道の駅です。

 

 f:id:turtlesan:20180505201336j:plain

「あきた港」に続き、ここにもタワー!同じく無料です。

「天王スカイタワー」、高さは59.8m.

 

広大な敷地を見渡せます。

f:id:turtlesan:20180505201740j:plain

 

日本海側に日が沈む様子をここで見られたら感動的。

f:id:turtlesan:20180505201753j:plain

↑ イメージ写真

通常は9時~18時、冬期は17時まで上がれるようです。

元旦は6時半から営業しているとのこと! 初日の出が拝めますね。

混雑しそうですが、実際はどのような感じなんでしょうか?

(営業時間は2018年5月時点の情報です)

 

 

「食彩館くらら」内には野菜やおみやげが豊富に並んでいるほか、

なんと菓子加工室や豆腐加工室までありました。

 

 

スサノオの像と桜(逆光…)

f:id:turtlesan:20180505203020j:plain

「てんのう」には "夢と神話の里" というサブタイトルがついており、

マスコットキャラクターもスサノオがモデルになっています(スサのん)。

 同じ潟上市天王にある「東湖八坂神社」がスサノオを祭神としているとのことで、

そちらが由来になっているようです。

 

 

池にかかる橋とタワー

f:id:turtlesan:20180505204038j:plain

 

池には鯉もいました。餌やりもできます。

f:id:turtlesan:20180505204054j:plain

 

ここでもきれいな桜がたくさん咲いていました(^_^)

奥の方までは行けませんでしたが、天気の良い日はゆったりと散策できそうです。

f:id:turtlesan:20180505204318j:plain

右上にいるのが「スサのん」です。

広~いです!

大きな温泉施設もあるので、散策後に疲れを癒すのにも良さそう。

 

 

今回の、秋田の道の駅めぐりは以上です。

 

 

ところで、ブログのカテゴリー順がぐちゃぐちゃで見づらくてすみませんm(_ _)m

何か良い方法が分かったら直します…。

<2018秋田>おおがた

朝、秋田市の中心部から男鹿方面に出発。

 

男鹿といえば、2018年7月1日に 道の駅 おが がオープンするそうです!

JR男鹿駅の近くにできるとのこと。

 

道の駅がまだできる前…なのは残念ですが、この日は 男鹿水族館GAO 

向かいました!

シロクマが人気の水族館です。

f:id:turtlesan:20180503200254j:plain

f:id:turtlesan:20180503200314j:plain

f:id:turtlesan:20180503200321j:plain

 

海沿いドライブも兼ねて、道の駅や水族館を訪問しながら男鹿半島をぐるっと1周、

というのも良さそうですね。

 

 

水族館から県道~国道101号を経由し、県道42号沿いの 道の駅おおがた へ。

f:id:turtlesan:20180503200659j:plain

 

大潟村は、もともと日本で2番目に大きかった湖「八郎潟」の干拓によって

1964年に生まれた村。

f:id:turtlesan:20180503200715j:plain

村内で干拓の歴史や名残を見ることができます。

 

 

外に屋台も出ており、全体的ににぎわっています。

 

「農村レストランなのはな」で昼食。

黄大豆味噌ラーメン

f:id:turtlesan:20180503200830j:plain

大潟村産の小麦「銀河のちから」と黄大豆を使用しているとのこと。

本によっては(古い本?) "黒大豆味噌" と書かれているので、時期によって

移り変わりがあるのかもしれません。 

 

独特すぎるジェラート

f:id:turtlesan:20180503201216j:plain

菜の花、さくら、枝豆、トマピー…などなど。

どれもヘルシーそうです。

こちらには "黒味噌玄米" がありました。

 

大潟村名物のパンプキンパイ、そしてくろまめパイ。

自宅用とおみやげ用に購入。

f:id:turtlesan:20180503201246j:plain

人気商品! おいしかったです(^_^)

 

 

道の駅の近く、県道298号沿いに 菜の花ロード があるとのことで行ってみると…

f:id:turtlesan:20180503201459j:plain

 

満開少~し過ぎの薄ピンク色の桜と、かわいらしい黄色の菜の花が、視界の奥まで

ず~っと続いています(2018年4月29日)。

その距離なんと約11km!!

途中、路肩に車を停めて写真撮影中の人、こじんまりとお花見を楽しんでいる人、

皆さん思い思いに花を楽しんでいました。

 

夏は ひまわりロード になるらしいです!

 

道沿いには日本一低い山「大潟富士」がありました。

富士山のちょうど1000分の1の高さだそうです。

“登山”している人がたくさんいました(^o^)

 

そして近くには北緯40度、東経140度の線が交わるポイントがあるとのこと。

 

大潟村、見どころが盛りだくさんです。

 

続きます。

<2018秋田>あきた港

GW前半、秋田県を訪れました!

 

道の駅 あきた港

f:id:turtlesan:20180501222842j:plain

秋田市にある道の駅で、秋田駅からも約8kmと近いです。

 

遠くからでも目立つシンボル「ポートタワー・セリオン」。

このタワーは過去に、フジテレビの「トリビアの泉」というテレビ番組でロケ地に

なったことがあります!

巨大なペッタン人形を高いところから落とすとどうなるか?という内容ですが、

気になる方は検索してみて下さいm(_ _)m

 

ここは3つの施設で構成されています。

f:id:turtlesan:20180501222916j:plain

 

港の景色が広がり、近くにはフェリーターミナルや貨物駅、工場などがあります。

f:id:turtlesan:20180501222941j:plain

 

ポートタワー・セリオン入り口

f:id:turtlesan:20180501222955j:plain

 

左側に見えるパラソルの下では「ババヘラアイス」が販売されています。

秋田県内至るところの観光地や道沿いに出没する、知る人ぞ知るアイス!

おばあさんがピンク色と黄色のシャーベットをコーンに盛ってくれます。

写真が無くてすみません…。

近くにはババヘラソフトもありました。

ソフトの方はまだ食べたことがないので、味や食感の違いが気になります。

 

昼時だったので奥に進み、「セリオンキッチン」で昼食。

平日のランチメニューはメイン+バイキング+ドリンクバーで、

土日はフルバイキング形式になったそうです(2018年4月末時点)。

 

私の盛り付けは下手すぎたので…主人の盛り付け例をご覧下さい。

f:id:turtlesan:20180501223018j:plain

 

食べ終わって施設内をうろうろ。

貝が焼けるようなにおいが?と思ったら、港らしい食堂がありました~。

f:id:turtlesan:20180501223031j:plain

 

秋田といえばあきたこまち

お米コーナーには5kg入りや10kg入りの袋ももちろんありましたが…

f:id:turtlesan:20180501223051j:plain

おしゃれなパッケージのミニサイズはちょっとしたおみやげに良さそう。

 

自家製焙煎の専門店「アメヤ珈琲」のコーヒー。

f:id:turtlesan:20180501223104j:plain

タワー4階の展望カフェでもいただけるそうです。

 

インパクト大の野菜チップス売り場!

f:id:turtlesan:20180501223122j:plain

 

売り場面積はけっこう大きく、産直野菜や秋田みやげが豊富に揃っていました。

 

この建物、入ってすぐ右に進むとエレベーターで展望室に上がれます。無料!

こんなに上がるの?というぐらい、ぐんぐん上昇。

地上100mの展望室に到着。

f:id:turtlesan:20180501223221j:plain

f:id:turtlesan:20180501223229j:plain

ぐるっと360°、秋田の市街地~港の向こうまで見渡せます。

 

別の建物、「セリオンリスタ」。

f:id:turtlesan:20180501223245j:plain

f:id:turtlesan:20180501223259j:plain

 

ここにあるうどん・そば自販機は有名!

f:id:turtlesan:20180501223318j:plain

説明書きによると…1補充ごとに14食ぐらいまでしか食べられないとのことで、

その人気度と併せてすぐ売り切れ&待ちになってしまうようです。

持ち帰り用もできたとのことで、ウワサの味を体験しやすくなりそう(^o^)

 

秋田港振興センター(セリオンプラザ)

f:id:turtlesan:20180501223532j:plain

交流施設で、24時間使用可能なトイレはここにあるようです。

 

 

展望室に行けるのは9時~21時。

日本海側なので、夕方であればきれいな夕日が見られそうですし、

夜景を見るのも良いですね。

タワー自体の夜間ライトアップもきれい!

秋田の魅力と施設のユニークさを実感できる道の駅でした(^_^)

<2018福島>羽鳥湖高原~しもごう

「季の里天栄」から県道58号を経由し、同じ天栄村の道の駅に移動、と思いましたが、

県道58号は4月下旬まで冬期通行止めとのことで、引き返して県道37号へ。

(県道58号からのルートだと羽鳥湖が見られたのですが残念…)

 

道の駅 羽鳥湖高原 に到着。

f:id:turtlesan:20180415160902j:plain

 

こちらもやはり天栄米。

f:id:turtlesan:20180415160932j:plain

 

そしてヤーコンも。

ヤーコン+アップルで、"ヤップルジュース" というものがありました。

f:id:turtlesan:20180415160945j:plain

「季の里天栄」にもありました。

 

寒い日だったのでストーブも稼働中。あったか~い!

f:id:turtlesan:20180415160956j:plain

 

あんなに気をつけていたのに、スタンプを上下逆さまに押してしまった(T_T)

 

 

県道37号を戻り、国道289号を経由して次の道の駅へ。

すぐ近くの山には雪が残っていました。

4.3km超の長~い甲子トンネルを抜け、道の駅 しもごう に到着。

f:id:turtlesan:20180415161023j:plain

地図上の直線距離だと近いのですが…

 

売店には品のある工芸品や食器がたくさん並んでいました。

f:id:turtlesan:20180415161051j:plain

入り口から風が吹き込む度に揺れる赤べこの首。

 

ホットコーヒーと甘酒を注文し、ほっと一息。

 

強風、かつ近くの道路が工事中だったこともあり、外は砂ぼこりが舞っていましたが

標高861.41m (スタンプブックより) の「しもごう」からは大きな山々の姿が望めます。

1cm単位で標高を計測できるってすごいですね…

f:id:turtlesan:20180415161224j:plain

 

「しもごう」の近くには「大内宿」や「塔のへつり」などの観光スポットがあります。

f:id:turtlesan:20180415161400j:plain

このマップを見てから気づきました(^_^;)

詰め込みルートにしたので、行き逃してしまいました。 

 

 

この日の道の駅めぐりを終え、白河市小峰城に寄り道。

f:id:turtlesan:20180415161728j:plain

桜はもうほとんど散ってしまっていましたが、それらしい写真を1枚。

さくらまつり開催期間でしたが、到着した16時頃にはもう撤収作業中でした(-_-;)

 

 

今回の道の駅めぐりドライブ、各道の駅の滞在時間はそれほど長くないですが、

福島県の南部を良い具合に満喫することができました♪

<2018福島>たまかわ~季の里天栄

あぶくま高原道路を引き返し、約20分で 道の駅 たまかわ に到着。

f:id:turtlesan:20180415154143j:plain

 

福島空港のすぐ近くです。

f:id:turtlesan:20180415154331j:plain

 

スタンプは建物右側の食堂スペースにありました。

 

売店には"さるなし"ドリンクや"さるなし"を使ったお菓子など。

さるなしとはキウイフルーツの原種とも言われているそうで、

販売コーナーには「猿がすぐに食べて無くなってしまうことから “さるなし” 」

のような説明書きがありました。

 

こちらにもお餅があり、小豆や揚げ餅、磯辺餅など、そのまま食べられる

おいしそうな加工品が販売されていました。

 

 

30分ほど移動し、道の駅 季の里天栄 へ。

f:id:turtlesan:20180415154354j:plain

 

天栄村はヤーコンが特産品の一つ。

お茶やうどんのほか、ドレッシングやカレーなどもありました。

f:id:turtlesan:20180415154430j:plain

ヤーコンそのものは梨のような食感と甘みがあるそうで、

根菜類ですが一般的な根菜類のイメージとはだいぶ違っているようです。

天栄米もあり、さまざまな作物が採れる豊かな場所なんですね(^_^)

 

 

続きます。

<2018福島>ひらた

「ふるどの」から、県道とあぶくま高原道路を経由し、40分ほどで

道の駅 ひらた に到着。

f:id:turtlesan:20180415151202j:plain

f:id:turtlesan:20180415151213j:plain

 

11時過ぎだったので、早めの昼食を、と考えていたところ、

手打ちそばお食事処「たけやま」はすでにほぼ満席!

ぎりぎり最後の1テーブルを確保できました。

回転は悪くなかったので、満席でも少し待てば座れると思います。

こちらでの食事は2回目です(^_^)

 

主人はミニ天丼・かけそばセット

f:id:turtlesan:20180415151231j:plain

 

私は鴨南蛮そば

f:id:turtlesan:20180415151241j:plain

 

セルフサービスでそば茶もいただけます。

 

温かいそばとお茶で体があったまったところで、売店に移動。

 

辛~い食べ物

f:id:turtlesan:20180415151259j:plain

平田村はハバネロの産地でもあるとのこと!

ハバネロを使ったカレーやお菓子が並んでいました。

 

効能がありそうなお茶

f:id:turtlesan:20180415151318j:plain

 

毛糸

f:id:turtlesan:20180415151331j:plain

完成品ではなく、材料が販売されているのは珍しいですね。

毛糸そのものが工芸品。きれいな糸です。

 

お隣のいわき市スパリゾートハワイアンズのコーナーもあり、

お菓子やフラガールたちの天然水ペットボトルが並んでいました。

 

建物の外(道路側)にまわると、ソフトクリームやアスパラコロッケの

販売コーナーがあります。

月替わりで7種類のご当地ソフトクリームがあるそうで、この日は

焼き芋、えごま、いちご でした!

しかし、繰り返しますが、この日はソフトクリーム日和ではありませんでした(T_T)

 

 

道の駅ひらた には “芝桜の里” というサブタイトルもついていますが、

車で5分ほどの場所に「ジュピアランドひらた」という、芝桜が楽しめる

スポットがあるそうです。

2018年は4/29~5/20に芝桜まつりが開催されるようですので、これからが

一番良い時期ですね!

 

続きます。

<2018福島>ふるどの

はなわ」から県道75号~県道25号を経由して国道349号へ。

鮫川沿いに長~い桜並木が続いています。

ふるどの桜街道と呼ばれており、約7kmにわたって約1,000本の桜の木が

植えられているそうです。

今年は花見ができなかったので、桜の景色が見られてうれしい!

 

道の駅 ふるどの に到着。

f:id:turtlesan:20180414230418j:plain

f:id:turtlesan:20180414230329j:plain

チェンソーで作られたという、2018年の干支の犬。存在感大!

 

山菜の種類がすごい。

f:id:turtlesan:20180414230603j:plain

タラの芽、わらび、しどけ、うるい…

 

凍み餅。なんとキャラクターまでいます。しみもっちー

f:id:turtlesan:20180414230839j:plain

 

こちらの道の駅にもこんにゃくがたくさん。さしみこんにゃく。

f:id:turtlesan:20180414230800j:plain

 

 

小雨が降ってきました…。

油断して、まともな上着を持ってきていなかったので寒い…。

 

ふるどの桜街道は道の駅の近くにも続いており、少し歩くと近くまで行けます。

f:id:turtlesan:20180414231004j:plain

 

散ってしまう前に間に合って良かった!

鮫川下流の方では、5月に入ってから八重桜が楽しめるようです。

 

同じ古殿町内にある越代のサクラは、4/14時点でまだ咲き始めとの情報が

出ていました。

花の王国ふくしま、桜もまだもう少し楽しめるようです。

 

 

今年は無理なく道の駅をめぐろうと思っていたので、「はなわ」と「ふるどの」、

2ヶ所で帰るつもりでいたのですが、主人が予想以上に張り切っており、

まだまだめぐることにしました。

というわけで、続きます。