のんびり道の駅めぐり

基本的にはのんびり、でも時には強行スケジュールで道の駅めぐりをしています。

<2018福島>よつくら港

朝からどんよりした天気の休日。

雨が降らないように祈りながら、いわき方面へと向かいました!

 

常磐道のいわき勿来(なこそ)ICを出て、アクアマリンふくしまに到着。

f:id:turtlesan:20180902164135j:plain

近くに太平洋が広がる、大きな建物です。

 

f:id:turtlesan:20180902164144j:plain

パンフレットによると、福島県沖合の黒潮親潮がであう「潮目」がテーマの

水族館とのこと。

順路の前半は外に出るので、天気が悪いと少し大変だったりしますが

(入館時、残念ながら小雨が降っていました…)

本館に入った後は自然を感じながらも快適に展示を見ることができます。

 

ユーラシアカワウソが大人気!

f:id:turtlesan:20180902164152j:plain

 

大迫力のトド、かわいいゴマフアザラシ、面白い動きのエトピリカ

その他、馴染み深い生き物まで、さまざまなテーマに沿って見学できます。

天気が良ければ、敷地内のビーチを散策するのも良さそうです!

 

水族館の近くには遊覧船乗り場や飲食店・おみやげ屋が入った施設、

2018年6月に開業したイオンモールいわき小名浜店などがあるので、

駐車場が混む前、早い時間帯のお出かけをおすすめします。

 

 

北上し、次の目的地へ。

30~40分ほどで 道の駅 よつくら港 に到着。

f:id:turtlesan:20180902170515j:plain

すぐ近くに四倉海水浴場がある、四倉漁港内の道の駅。

 

水門と大きな堤防

f:id:turtlesan:20180902173711j:plain

 

自動販売機には、いわき観光情報ナビゲーター「フラおじさん」

f:id:turtlesan:20180902171148j:plain

なぜおじさん??

 

交流館内の1階は直売所。

福島県の特産品を中心にさまざまな食品が並んでいます。

 

福島のお酒がずらり

f:id:turtlesan:20180902171227j:plain

 

そのおつまみとして最高!

クリームチーズの漬物、牛たん、ベーコン切り落とし等々。

f:id:turtlesan:20180902171218j:plain

 

佃煮。他にも魚介系の加工品がいろいろありました。

f:id:turtlesan:20180902171241j:plain

 

どうぶつみそパン。くっきりとした顔がかわいいです。2枚入り。

f:id:turtlesan:20180902171235j:plain

 

「自家焙煎いーすと」豊富な種類のコーヒードリップパック。

f:id:turtlesan:20180902171247j:plain

 

2階はフードコートになっており、テラス席もあります。

食事もデザートもばっちりです。

 

スタンプは別の建物「情報館」の方にあります!

 

ふれあい館

f:id:turtlesan:20180902172912j:plain

 

すべり台

f:id:turtlesan:20180902172923j:plain

子供たちが描いた絵のタイルが散りばめられています。きれいですね。

 

交流館の柱には、震災後の復興への想い、個人の夢などが一枚一枚きれいな

タイルに込められ、並べられていました。

それ自体が道の駅の一部となっているので、想いはこれからもずっと

受け継がれていくものと思います。

 

いわき四倉ICから常磐道に乗り、帰路に着きました。

 

あいにくの天気でしたが、海辺を感じられる一日でした。

 

 

>前の記事 

<2018茨城・千葉>たまつくり~いたこ~水の郷さわら~発酵の里 こうざき

猛暑日が続いていた関東地方も、少~しずつ涼しくなってきました。

とは言え、やはり夏らしく暑い休日。

茨城県の南側~千葉県の北東側の道の駅めぐりを決行!

 

道の駅 たまつくり

f:id:turtlesan:20180824210307j:plain

 

ツーリングや自転車の方々もたくさん集まっていました。

 

魚介類の加工品が充実しています。

f:id:turtlesan:20180824210330j:plain

 

鯉のうま煮がインパクト大!

f:id:turtlesan:20180824210444j:plain

鯉の刺身もありました。

 

サツマイモ。もうすぐ秋ですね。

f:id:turtlesan:20180824210502j:plain

 

建物の奥は増築作業中でした。

うっかり詳細を見ていなかったのですが…食堂が大きくなるのかな?

 

トイレの隣にある休憩施設の水槽には、霞ヶ浦の魚たち。

f:id:turtlesan:20180824210516j:plain

霞ヶ浦で異常に増殖してしまったアメリカナマズについては、

最近よくテレビで取り上げられている気がします。

 

 

国道355号~51号を経由し、道の駅 いたこ に到着。

f:id:turtlesan:20180824210556j:plain

 

物産館では茨城県のおみやげ品や特産品の他に、手作り品も人気。

 

ヨーグルト

f:id:turtlesan:20180824210620j:plain

 

どら焼き「虹どら」

f:id:turtlesan:20180824210642j:plain

茨城県産の米粉を使用しているとのこと。

 

新鮮市場「伊太郎」には・・・

f:id:turtlesan:20180824210703j:plain

 

バラエティー豊かな潮来水産の佃煮

f:id:turtlesan:20180824210730j:plain

うなぎまであります!高級品!

潮来水産の商品は全国配送もOKだそうです。パンフレットあり。

 

他にも、野菜や米はもちろん、豚肉加工品やお餅、たまごなどなど

いろいろな農産物や食品が揃っていました。

 

帰り際に発見したフォーの店

f:id:turtlesan:20180824211309j:plain

 

この日は昼食に備えてお腹を空かしておきましたが、

訪問の度に、手軽に違ったグルメを楽しめそうですね。

 

 

さらに南下して千葉県へ。

 

道の駅 水の郷さわら

f:id:turtlesan:20180824211344j:plain

敷地内には大きく2つの建物があります。

野菜や生鮮食品が豊富に揃っているほか、フードコートも入っている「道の駅」、

総合案内所や展示室、喫茶店などに加え、千葉県のおみやげがコンパクトに

まとまったお店が入っている「川の駅」です。

 

1kmぐらい手前から、少し混んでいるな…と思っていましたが、

ちょうど「まつり in 水の郷さわら」開催中。

イベントステージや屋台などで賑わっていました。

 

 

続いて、道の駅 発酵の里 こうざき

 

ちょうどお昼時なので、ずっと気になっていたレストラン「オリゼ」へ。

f:id:turtlesan:20180824213405j:plain

「オリゼ」は麹菌である「アスペルギルス・オリゼ」から来ているそうです。

こちらの道の駅、「発酵の里」の名前通り、売店でも非常に多種類の発酵食品を

購入できます。

 

レストランには、発酵食品、特に麹を取り入れたメニューが揃っています。

人気メニューは以下の通り。

f:id:turtlesan:20180824213418j:plain

 

券売機で食券を購入すると自動的に注文が入り、番号で呼ばれるシステム。

混雑していましたが、席もたくさん用意されており、すぐに座ることが

できました。

 

主人は、牛肉の味噌麹焼肉丼

f:id:turtlesan:20180824213500j:plain

 

私は、しょうゆ麹の焼きとり定食

f:id:turtlesan:20180824213516j:plain

 

麹だけではなく、いろいろな発酵食品が散りばめられています。

 

こちらのレストラン、2016年に「豚の味噌麹焼き丼」が

「道-1グランプリ じゃらん賞」を受賞しているようです!

 

 

場所的にはまだまだ南下できますが、今回はここまで。

 

 

前回訪問時はまた違うポイントで書いていますので、こちらもご参考にして下さい! 

 

 

>次の記事 

 

>前の記事 

<2018栃木>サシバの里いちかい~はが~きつれがわ~ばとう

休日の朝、頑張って早起きし栃木県へ!

 

8時過ぎ、市貝町道の駅 サシバの里いちかい に到着。

f:id:turtlesan:20180804160249j:plain

近々夏祭りがあるらしく、やぐらや提灯が設置されていました。

 

水遊び用プールも!

f:id:turtlesan:20180804160321j:plain

 

市貝町に現れる鳥、サシバの写真とキャラクターのサッちゃん。

f:id:turtlesan:20180804160334j:plain

謎の場所に顔はめ…

 

実は市貝町の鳥はキジバトだったりします…!

サシバ市貝町でよく認識されるようになったのは、割と最近みたいですね。

 

最初のお目当てはもちろん「カフェ三四八」のモーニング!

数週間前に行く予定でしたが、どうしても起きられずに延期…。

f:id:turtlesan:20180804161432j:plain

平日限定ですが、和食の朝ごはんもあるようです。

 

パンとドリンクは選べるので、主人も私も「山ぶどう」と「ソフトフランス」の

「コンビ」、そしてカフェラテを注文♪

f:id:turtlesan:20180804161528j:plain

優雅な気分で朝食、たまには早起きの休日も良いですね。

 

食べ終わる頃には9時を過ぎ、他の施設も開店。

スタンプを押して次の目的地へと移動。

 

 

道の駅 はが

f:id:turtlesan:20180804161630j:plain

f:id:turtlesan:20180804161558j:plain

レストラン、デザート、直売所、おみやげ屋はもちろん、温泉まで揃っています!

 

売店内にあゆ炭火焼が並んでいるのって珍しい気がします。

f:id:turtlesan:20180804161848j:plain

 

ご当地ドリンク

f:id:turtlesan:20180804161946j:plain

サイダーの種類が豊富です。

 

お酒も多種多様

f:id:turtlesan:20180804162001j:plain

栃木県の県庁所在地・宇都宮市芳賀町のお隣)はカクテルの街らしく、

鮮やかな「宇都宮カクテル」シリーズが目立っていました。

 

 

続いて、さくら市道の駅 きつれがわ

f:id:turtlesan:20180804162102j:plain

こちらも温泉がある道の駅!

足湯もありました。

f:id:turtlesan:20180804162117j:plain

暑いからか? ちょうど人は入っていないようでした。

 

こちらの道の駅にはテーマソングがあるらしく、

「♪道の駅~ きつれ~ が~ わ~」とずっと流れていました。

 

喜連川名物・温泉パン

f:id:turtlesan:20180804162221j:plain

味のラインナップがすごいですね!

日替わりで朝食として食べても、飽きが来ないかと思われます。

 

 

続いて、那珂川町にある 道の駅 ばとう

f:id:turtlesan:20180804162554j:plain

 

さっき朝食を食べたばかりの気分ですが、もう11時過ぎ。

レストランもあるのでここで昼食をとることにしました。

 

私は もりそば

f:id:turtlesan:20180804162607j:plain

 

主人は 広重そば

f:id:turtlesan:20180804162624j:plain

 

なぜ広重?と思いましたが、近くに「那珂川町馬頭広重美術館」があるから

みたいです。「東海道五十三次」の歌川広重ですね。

馬頭に広重美術館が出来た経緯や美術館詳細については、公式HPをご覧下さい。

http://www.hiroshige.bato.tochigi.jp/

 

話は戻って、レストランばとうのおすすめメニューは、

いのししの肉を使った「八溝ししまるそば・うどん」。

ステーキも人気らしく、あちこちからお肉が焼けるにおいとジュージュー

おいしそうな音が!

 

 

茨城県の「みわ」「常陸大宮」に寄り、スタンプを押して帰宅。

暑すぎてだんだん駆け足になりましたが、昼過ぎまでに6ヶ所、訪問すること

ができました~。

 

昨年も、「サシバの里いちかい」~「ばとう」、同じルートでまわっていました。 

 

「みわ」~「常陸大宮」の過去記事もご参考になれば幸いです。

 

 

>次の記事 

 

>前の記事 

<2018福島>ふくしま東和~さくらの郷

国道349号沿い、二本松市にある 道の駅 ふくしま東和 へ。 

f:id:turtlesan:20180722175133j:plain

 

時刻はもう13時近く。

「和食処・みちくさ亭」で昼食を摂ることに。

同じ空間内に「中華料理・大栄餃子房」もあるので、メニューの選択肢は多いです。

 

主人はこの日のおすすめセットを注文。

f:id:turtlesan:20180722174944j:plain

 

私は桑うどん!

f:id:turtlesan:20180722174955j:plain

道の駅がある東和地域は桑の葉の産地とのこと。

普段から桑の葉茶を愛飲していますが、こちらのうどんからも、

なんとな~く桑の葉の風味を感じます。

セルフサービスのお茶も、冷たい桑ほうじ茶。

普段飲んでいるものよりもクセを感じにくく、飲みやすかったです。

 

食事を終えて売店の方へ。

桑の葉茶コーナー

f:id:turtlesan:20180722175231j:plain

試飲もできます。血糖値が気になる方におすすめ。

 

いろいろな味付きのメレンゲのお菓子!

f:id:turtlesan:20180722175312j:plain

 

 

この日、外でイベントが開催されていたようですが、あまりにも気温が高く

中止とのアナウンス。

出店していたお店の方々が撤収作業をしていました。

全国的にも高温注意報が出ているぐらいの暑さ。

イベント中止は残念ですが、体調が悪くなってしまったら大変ですからね…(;_;)

 

変わった味だらけのジェラート

f:id:turtlesan:20180722175259j:plain

塩きゅうり!?少し勇気が要りますが…熱中症対策に良さそうな気がします。

桑の「葉」の他に、桑の「実」も。

特産地だからこそのバリエーションですね。

 

 

続いて、10分もかからず 道の駅 さくらの郷 に到着。

f:id:turtlesan:20180722175934j:plain

「合戦場のしだれ桜」など桜の名所が近いらしく、それで “さくらの郷” とのこと。

 

さくら食堂

f:id:turtlesan:20180722180223j:plain

 

農産物直売所

f:id:turtlesan:20180722180009j:plain

日差しの強さを感じていただけるかと思います…

 

地元産の蕎麦使用の「蕎麦エール」と、蕎麦焼酎「合戦場のしだれ桜」

f:id:turtlesan:20180722180254j:plain

 

ボリューミーなジェラート

f:id:turtlesan:20180722180313j:plain

 

 

2日間・13ヶ所の福島の道の駅めぐりの旅を終え、帰路につきました。

4ヶ所も初訪問できました!

「安達」の下り線側も入れると5ヶ所?

福島県の道の駅は2018年7月時点で33ヶ所。

まだ2017年8月オープンの「尾瀬檜枝岐」だけ訪問できていませんが、

今後また続々と増えていくであろう所も含めて、楽しみにしています。

 

暑かったですが、こまめに水分補給し、体調を崩すことなく乗り切れました。

 

全国的に異常な暑さです。

場所によっては次の目的地まで何十分も走らなければならないところもありますし、

少し外に出るだけで包まれるような暑さに体力を奪われます。

道の駅をまわられる方々も、その土地の食を楽しみながら、

時には自販機を利用しながら休憩し、万全な体調で夏の旅を楽しんで下さい!

 

 

>次の記事 

 

>前の記事 

<2018福島>裏磐梯~つちゆ

「ばんだい」から、県道64号の “磐梯山ゴールドライン” を経由して次の目的地へ。

山道の途中にはいくつか見晴らしの良さそうなスポットも。

f:id:turtlesan:20180722172107j:plain

 

 

国道459号沿いの 道の駅 裏磐梯 に到着。

f:id:turtlesan:20180722172130j:plain

f:id:turtlesan:20180722172142j:plain

 

標高850m, 少~し涼しく感じるかな?

建物内の展望スペースから磐梯山桧原湖を望めます。

少し隠れてしまっていますが、天気は良かったのでしっかり見えました。

f:id:turtlesan:20180722172228j:plain

f:id:turtlesan:20180722172240j:plain

 

そのまま国道459号線沿いを走ると、有名な観光スポット、五色沼のそばを通ります。

いくつかの沼が、複数の要因で作り出される神秘的な色を魅せてくれます。

 

 

国道115号線に突入、福島市松川町にある 道の駅 つちゆ に到着。

f:id:turtlesan:20180722172757j:plain

f:id:turtlesan:20180722172322j:plain

福島県第1号の道の駅。

建物内は狭いですが、売店もレストランも入っています。

 

土湯温泉サイダー、こけしラムネ、牛乳「会津のべこの乳」

f:id:turtlesan:20180722172402j:plain

土湯は三大こけし発祥地の一つとのこと。(他は、遠刈田、鳴子) 

デザインがかわいらしいですね~。

 

外側で販売されている食べ物はかなりのラインナップ!

f:id:turtlesan:20180722172743j:plain

揚げもち、こんにゃく、おやき、ソフトクリーム・・・などなど、

小腹が空いた時に食べられそうなものが揃っています。

コンパクトですが、訪れる度に違った楽しみ方ができそうな道の駅です。

 

 

続きます。

 

 

>次の記事 

 

>前の記事 

<2018福島>猪苗代~ばんだい

2日目の朝、9時過ぎに 道の駅 猪苗代 に到着。

f:id:turtlesan:20180721181042j:plain

 

磐梯山がきれいに見えます!

f:id:turtlesan:20180721181125j:plain

 

2016年11月にオープンした道の駅。こちらも初訪問!

開店からそれほど時間が経っていないにも関わらず、建物内はすでに混雑。

キャンピングカーもたくさん停まっており、立地的にも観光の拠点と

なっているのかもしれません。

加えて、売り場の品揃えも充実しており、道の駅としても魅力的です。

 

いかにんじん

f:id:turtlesan:20180721181158j:plain

前日泊まった宿でも夕食にいかにんじんが出ました!

 

煎餅化もされています。

f:id:turtlesan:20180721181208j:plain

 

アスパラガスのお菓子

f:id:turtlesan:20180721181231j:plain

この辺りではアスパラガスの栽培が盛んだそうです。

 

猪苗代ハーブ園のジャムやオリーブオイル、甘味料など

f:id:turtlesan:20180726231814j:plain

 

会津の絵ろうそくを購入。きれい&かわいいです。

f:id:turtlesan:20180721181459j:plain

サイズもいくつかあり、水に浮かべるタイプもありました。

 

 

続いては、道の駅 ばんだい

f:id:turtlesan:20180721181523j:plain

 

この日は青森県むつ市のイベントを開催中。

f:id:turtlesan:20180721182154j:plain

本まぐろ、ホタテ串焼き、イカ焼きなど、各店舗に行列ができるほど大盛況!

着ぐるみに入っているキャラクターが暑そうでしたが…。

 

売店内のカナダコーナー

f:id:turtlesan:20180721181845j:plain

突然なぜ!?と思いましたが、磐梯町とカナダのオリバー市は姉妹都市だそうです。

 

芝生の広場にはドッグランもあり、すぐ横にはJR磐越西線の線路。

f:id:turtlesan:20180721181733j:plain

すぐ近くに磐梯町駅があるようです。

 

 

続きます。

 

 

>次の記事 

 

 

>前の記事 

<2018福島>川俣~安達

続いては、国道114号線沿いの 道の駅 川俣

f:id:turtlesan:20180721175525j:plain

 

農産物直売所「ここら」

f:id:turtlesan:20180721175220j:plain

 

銘品館「シルクピア」

f:id:turtlesan:20180721175305j:plain

 

中に入るとすぐにお肉のショーケース!

f:id:turtlesan:20180721175336j:plain

川俣シャモの加工品がたくさん並んでいました。

 

入って右側には「シルクピア」の名前通り、川俣シルク製品が置いてありました。

f:id:turtlesan:20180721175350j:plain

 

川俣町の特産品がぎゅっと詰まった道の駅でした(^_^)

 

 

続いては、国道4号線沿いの 道の駅 安達

こちらの道の駅、なんとサービスエリアのように上り線側と下り線側があります。

 

上り線側は1997年、下り線側は2013年にオープン。

前回訪問時(2014年)はなぜか上り線側にしか行っていなかったようです。

 

(上り線側)

f:id:turtlesan:20180721175621j:plain

f:id:turtlesan:20180721175643j:plain

店が横に長く並んでいて、それぞれに入口がある造り。

 

雰囲気的にも昔ながらの道の駅という感じです!

f:id:turtlesan:20180721175702j:plain

 

下り線側に繋がる道路を抜けて、今度は…

 

(下り線側)

f:id:turtlesan:20180721175742j:plain

f:id:turtlesan:20180721175813j:plain

上り線側とはまた違って、建物の造りも今風?

 

建物内の通路を挟んで左右に店が並んでいます。

f:id:turtlesan:20180721175825j:plain

 

どちらも規模はけっこう大きく、売店、食事、コンビニの機能もばっちり。

上下でスタンプの柄も違っていました!

 

少し時間が無くなってきたので、後半はゆっくり滞在できませんでした…。

この日は郡山市内に宿泊し、2日目へと続きます。

 

 

>次の記事 

 

>前の記事