のんびり道の駅めぐり

基本的にはのんびり、でも時には強行スケジュールで道の駅めぐりをしています。

<2019宮城>村田

角田市から少し北上し、柴田郡村田町へ。

 

道の駅 村田 に到着。

f:id:turtlesan:20190715171332j:plain

歴史と蔵とふれあいの里、ということで、建物も雰囲気が出ています。

 

入るとすぐ、農産物のコンテナがずらっと並んでいます。

玉ねぎやにんにくの品揃えが豊富でした!

 

そらまめうどん

f:id:turtlesan:20190715171408j:plain

村田町の特産品であるそら豆の加工品。

他にもそら豆こんにゃくやアイスまであり、スタンプブックでも

おすすめされています。

 

 

こちらにも温麺

f:id:turtlesan:20190715171430j:plain

 

 

村田町のお隣・蔵王町の「蔵王チーズ」

f:id:turtlesan:20190715171439j:plain

クラッカーまであるとは…

 

 

村田町のキャラクター、くらりんグッズ

f:id:turtlesan:20190715171451j:plain

まさか蔵がキャラクターになるなんて!

全国町村会のHPによると、耳はそら豆、しっぽは紅花、

ポシェットは味来(みらい)という品種のとうもろこしだそうです。

 

 

えごましそ巻き

f:id:turtlesan:20190715171501j:plain

宮城県北部・大崎市の七福という会社で作られているそうです。

そういえば「道の駅おおさき」がこの7月にオープンしています!

 

 

仙台七福茶

f:id:turtlesan:20190715171507j:plain

こちらも名前は七福、ですが、製造元は仙台市の七福茶本舗 佐藤海苔店。

縁起が良いですね。

ほうじ茶・麦茶ベースに薬草で、飲みやすそうです。

 

 

レストラン城山

f:id:turtlesan:20190715171520j:plain

そら豆うどんもメニューにあります。

豪勢な感じの定食もありました!

 

 

 

駐車場の反対側には、村田町歴史みらい館。

f:id:turtlesan:20190715171803j:plain

生涯学習施設だそうです。

 

建物の前には、三宅義信氏の像。

f:id:turtlesan:20190715171819j:plain

村田町出身の、重量上げのオリンピック金メダリストです!

三宅宏実さんは姪にあたるそうで、すごい一族です。

 

 

 

ここから800mぐらい歩くと、蔵の町並みを散策できるようです。

f:id:turtlesan:20190715172358j:plain

(たまご舎もある!)

 

f:id:turtlesan:20190715171907j:plain

 

 

続きます。

 

 

 

 

>前の記事 

 

<2019宮城>かくだ

仙台市内に遊びに行った帰り、宮城県南部の道の駅めぐり!

先日と同様、一日中小雨が降り続いていました。

 

 

まずは、角田市に2019年4月にオープンしたばかりの 道の駅 かくだ

f:id:turtlesan:20190715153523j:plain

f:id:turtlesan:20190715153509j:plain

f:id:turtlesan:20190715153538j:plain

 

 

直売所やフードコートが入っている建物

f:id:turtlesan:20190715153612j:plain

販売用の花が明るい雰囲気を出しています。

 

 

温麺

f:id:turtlesan:20190715153625j:plain

角田市の西部に位置する白石市の特産品。

スタンダードなものから、練り込む材料やたれの味に工夫を凝らした

商品まで、さまざまなタイプのものが並んでいました。

この時期、そうめんにお世話になりっぱなしですが、気温が低い日は

温麺も良いかも?

 

 

竹鶏ファームのたまご

f:id:turtlesan:20190715153635j:plain

白石市の養鶏場だそうです。

なんと、温泉卵(おんたま)、燻製卵(くんたま)まであります!

パッケージもかわいらしいですね。

 

 

仙南クラフトビール

f:id:turtlesan:20190715153643j:plain

角田市仙南シンケンファクトリーで製造されています。

 

 

梅干しもたくさん!

f:id:turtlesan:20190715153654j:plain

角田市は梅が特産品だそうで、毎年、梅まつりも開催されているとのこと。

梅酒も販売されていました。

 

 

宇宙グッズ?

f:id:turtlesan:20190715153703j:plain

角田市にはJAXAの宇宙センターがあるそうです!

それでところどころに宇宙感が出ていたんですね。

 

角田市のキャラクター・むうひめ

f:id:turtlesan:20190715153716j:plain

伊達政宗の次女・牟宇姫がモデルとなっています。

 

 

たまご舎

f:id:turtlesan:20190715153730j:plain

f:id:turtlesan:20190715153751j:plain

県南の蔵王町に本店があるお店。

仙台駅のおみやげ売り場や、県内のショッピングモールにも店舗があります。

たまごを使ったお菓子が豊富に揃っています!

こちらにも宇宙感満載・カラフルなトッピングのロケットソフトというものが

ありました~。

 

 

フードコート

f:id:turtlesan:20190715153801j:plain

主食もデザートも大満足できそうなラインナップ。

 

 

 

インフォメーション&トイレがある建物

f:id:turtlesan:20190715153810j:plain

木の香りが感じられます!

スタンプはこちらのインフォメーション前にありました。

 

 

至る所に「Kスポ」の文字があり、???と思っていたのですが、

隣に「かくだスポーツビレッジ」という施設があり、

道の駅とも連携していくようです。

今後どんどんユニークな道の駅になっていきそうですね。

 

 

もう2ヶ所、続きます。

 

 

 

 

>次の記事 

 

>前の記事 

道の駅しょうなん周辺

梅雨らしくずっと小雨が降り続く一日。

千葉県の柏方面へと向かいました。

 

なぜこのようなタイトルかというと…

道の駅に行ったものの、道の駅から離れた内容になってしまったので

少し遠慮しました。

 

11時頃、道の駅しょうなんに到着。

手賀沼の南に位置しており、柏市に合併される前は沼南町だったそうです。

 

4種類のじゃがいもの試食を行っており、館内においしそうな香りが

広がっていました。

スタンプを押し、道の駅のすぐ裏の手賀沼へ。

 

f:id:turtlesan:20190629202214j:plain

スワンボートが待機中。

 

f:id:turtlesan:20190629202445j:plain

本物のスワン!

 

 

手賀沼側から見た道の駅。

f:id:turtlesan:20190629202510j:plain

 

 

手賀沼の花火大会

f:id:turtlesan:20190629202555j:plain

毎年8月の上旬に開催されるそうです。

2019年は8月3日19時~とのこと。

これから各地で花火大会が開催されていきますね。

車で走っていると、偶然遠くに花火が見えることもあります。

 

 

気になっていたレストランで昼食をとることにしました。

 

野菜レストランSHONAN

f:id:turtlesan:20190629203100j:plain

道の駅の施設ではないのですが、すぐ隣にあります。

その名の通り、野菜たっぷりのヘルシーなメニューが揃っています。

この付近や千葉県で収穫された野菜を使っているそうです。

 

食券方式で広々とした温かい雰囲気の店内。

 

私は、野菜ごろごろカレー

f:id:turtlesan:20190629203452j:plain

野菜づくし!

 

主人は、チーズフォンデュハンバーグ

f:id:turtlesan:20190629203503j:plain

お肉のメニューもしっかりあります。

 

サラダバー、味噌汁、スープ、デザートもセルフサービスで含まれています!

スープとしては、冷製スープの「ガスパチョ」、

デザートとして杏仁豆腐が用意されていました。

 

12時付近には続々とお客さんが入ってきて、どんどん席が埋まっていきました。

 

他にもそばやうどん、オムライス、チキン南蛮、生姜焼き、餃子、

ラーメン、魚系などなど、種類がかなり豊富で、選ぶのにけっこう悩みました。

おいしかったです!満腹!

 

道の駅内にも広いレストランがあり、こちらでも地元産の野菜を使った

メニューがたくさんあるので、併せておすすめします。

 

 

まだしつこく雨が降り続ける中出発し、道の駅やちよに移動。

「八千代ふるさとステーション」と「やちよ農業交流センター」の2施設が

あるのですが、雨ということもあり…今回はふるさとステーションの方を

ぶらぶらした後、スタンプだけ押して早々に出発してしまいましたm(_ _)m

 

ショッピングモール好きとして、「セブンパークアリオ柏」と

ららぽーと柏の葉」に寄り、この日は帰路につきました。

 

やっぱり道の駅は(に限らずですが)晴れている日に行きたいものです。

今回も延期しようかと思ったのですが、しばらく道の駅に行っていなかった

こともあり、うずうずして決行してしまいました。

雨は雨でいつもと違った光景が見られることもあるかもしれませんね。

 

 

 

前回は晴れた暑い日に訪問していました。

過去記事も併せて読んでいただけるとうれしいです。↓↓↓ 

 

 

 

>次の記事 

 

>前の記事 

道の駅スタンプコレクション~茨城編②~

茨城編の続きです。

 

⑨ごか

茨城県の銘柄豚「ローズポーク」製品が豊富な道の駅。

スタンプブック内のおすすめもローズポークまん。

 

2009年頃~2018年9月押印

f:id:turtlesan:20190607231225j:plain

右下に豚がいました!今頃気づきました…。

五霞町はお米の生産も盛んだそうで、稲の絵も入っています。

 

 

⑩まくらがの里こが

広いフードコートを中心に、パン屋、直売所やおみやげ屋も揃い、

いつも混んでいる道の駅。

お腹いっぱいになれます!

 

2014年11月~2018年9月押印

f:id:turtlesan:20190607231316j:plain

とてもシンプルなスタンプです。

 

 

⑪日立おさかなセンター

食事処も直売所も、魚介類が豊富に揃っています!

好きなネタを盛り付けられる「味勝手丼」は手軽に楽しめるのでおすすめです。

 

2014年10月~2018年5月押印

f:id:turtlesan:20190607231353j:plain

2014年9月オープンの、まだまだ新しい道の駅です。

ローマ字でおしゃれ?

 

 

常陸大宮

食事ができる店舗がいくつかあります。

デザートとして、ユニークなジェラートも良いですね。

 

2017年6月~2018年8月

f:id:turtlesan:20190607231453j:plain

常陸大宮市のマスコットキャラクター「ひたまる」。

かわプラザの名の通り、道の駅の裏には久慈川が流れています。

BBQも楽しめます。

2016年3月オープンなので、しばらくはこのかわいいスタンプでしょうか?

 

 

⑬ひたちおおた

レストラン、フードコート、直売所、おみやげ品、バランス良く揃っています。

茨城県常陸太田市の魅力が感じられる道の駅だと思います。

 

2017年4月~2018年5月押印

f:id:turtlesan:20190607231538j:plain

2016年7月オープン。スタンプもきれいでデザインも好きです。
最初の頃は「常陸大宮」と「常陸太田」どっちがひらがなだっけ?と
迷うこともありましたが…今はしっかり覚えました。

 

 

後半は比較的新しい道の駅ということもあり、スタンプもまだ1代目?

茨城県の道の駅、近々増えるようなので楽しみにしています!

 

 

 

 

>次の記事 

 

>前の記事 

道の駅スタンプコレクション~茨城編①~

茨城県のスタンプをご紹介します。

 

①かつら

昔ながらの建物には常陸秋そばが味わえる食堂が入っています。

裏を流れる那珂川沿いでキャンプやバーべキューも楽しめます。

 

左:2008年押印 右:2015年6月~2018年6月押印

f:id:turtlesan:20190607230632j:plain

左側は桂村と書かれていますが、2005年に合併し、城里町となっています。

左と右、構図はほとんど同じですが全体的に変わっていますね。

「かつら」の北側に位置する、那珂川大橋です。

 

 

②みわ

2012年にリニューアルしています。

地元の方の買い物から食事、観光客のおみやげ購入まで、いろいろな人が寄りやすい道の駅です。

 

左:2008年7月~2011年8月押印

右:2017年6月~2018年8月押印

f:id:turtlesan:20190607230702j:plain

現在、ホールと通路2ヶ所にあるそうで、通路側は24時間押印可能とのこと。

油断してホールの方しか確認していなかった気がします。

根強く登場し続けている「スタッピー」、探してみたところ本人(?)のツイッターのページを発見。

自己紹介によると、美和の観光キャラクターで、花立自然公園にいるそうです。

天文台がある公園だそうで、それで星をモチーフに誕生したようですね。

左側は縦約3.5cm×横約5.5cm、右側は縦約6.5cm×横約7cmの楕円形です。

 

 

③さとみ

施設も駐車場も小さめの道の駅ですが、食堂でおいしいそばをいただけます!

かかし祭りが開催される地域で、敷地内でもかかしを見ることができます。

 

2008年4月~2018年11月

f:id:turtlesan:20190607225950j:plain

建物のデザインですね。

 

 

④さかい

猿島台地で生産された、さしま茶が販売されています。

すぐ近くの橋を渡ると千葉県に突入します。

 

左:2009年頃押印 右:2009年頃~2018年9月押印

f:id:turtlesan:20190607230738j:plain

現在も2つのスタンプが同時に存在しているのか記憶があいまいです。

すみません…。

 

 

⑤奥久慈だいご

近くには有名な観光スポット、袋田の滝があり、そちらと併せて行くことが多いかもしれません。

りんごやおやき、しゃも料理など、大子町のグルメが凝縮されています。

 

左:2008年押印 右:2017年6月~2018年11月押印

f:id:turtlesan:20190607230751j:plain

ほとんど同じですが微妙に違います。分かるでしょうか?

サイズは、新しい方が少~しだけ大きくなっています。

 

 

⑥しもつま

2015年にリニューアル。

パン屋もあり、食事処や下妻オリジナルのおみやげ品も充実しています!

 

左:2008年押印 右:2016年3月~2018年9月

f:id:turtlesan:20190607230804j:plain

3階の展望台から筑波山が望めます。

左側のスタンプの筑波山の方が、「しもつま」から見える形でしょうか?

 

 

⑦たまつくり

霞ヶ浦のすぐ近くに位置する道の駅。

直売所では魚介類の種類が豊富で、休憩コーナーには鑑賞用(?)の魚もいます。

 

左:2008年押印 右:2014年~2018年8月押印

f:id:turtlesan:20190607230827j:plain

帆引き船と市の花・ヤマユリですね。

 

 

⑧いたこ

直売所、物産館ともに非常~に充実しています。

裏に回ると、グラウンドゴルフ場まであり、敷地面積は思った以上に広いです。

 

2007年押印

f:id:turtlesan:20190608175229j:plain

2012年~2014年12月押印

f:id:turtlesan:20190607230846j:plain

2017年6月~2018年8月押印

f:id:turtlesan:20190607230519j:plain

絵柄としては、SUN SUN MARKET SOLAと、嫁入りの船&あやめの2パターン。

中段の2つは、それぞれ直径約5cm、約4.5cmと小さめです。(他2つは約7cm)

潮来市では毎年5月下旬~6月下旬にあやめまつりが開催されます。

嫁入りの船にも出会えます!

 

 

茨城編、続きます。

 

 

 

>次の記事 

 

>前の記事 

道の駅スタンプコレクション~栃木編③~

引き続き、栃木編です。

 

⑰にしかた

農村レストランには、そばをメインにお腹いっぱいになりそうなメニューが揃っています。

お得なモーニングまであるようです!

とちおとめジェラート、おいしかったです。

 

左:2011年or2012年~2017年8月押印 右:2018年10月押印

f:id:turtlesan:20190602161100j:plain

スタンプは交流物産館前、ジェラート売場前の2ヶ所で押すことができ、

それぞれ絵柄が異なっています。(上記押印年に限らず、両方あるはず?)

最初の頃は気が付きませんでしたが、昔から2種類あったのでしょうか?

ジェラート売場前は小倉堰、交流物産館前はキララちゃんでした。

 

 

⑱しもつけ

広い売り場においしそうな食品のお店が並び、食欲をそそる道の駅です。

 

2010年or2011年~2018年10月押印

f:id:turtlesan:20190602161203j:plain
「しもつけ」のイメージキャラクター、かんぴょうのカンピくん。

動いているカンピくんをいつか見てみたいです。

 

 

⑲やいた

何年も前の話ですが、オープン日をしっかり確認しておらず、

オープン前に訪問を試み、探し回った記憶があります…。

エコモデルハウスの見学もできます。

 

左:2012年or2013年~2017年7月押印 右:2019年4月押印

f:id:turtlesan:20190602161309j:plain

川崎城の初代城主・塩谷朝業をモデルとした、矢板市のキャラクター「ともなりくん」。

左側のスタンプは1つのサイズが小さいです。 

 

 

⑳湧水の郷 しおや

広々とした交流館が印象に残っています。

スタンプブックのおすすめ品、とちいちごソフト、気になります!

 

2012年or2013年~2017年7月押印

f:id:turtlesan:20190602161732j:plain

f:id:turtlesan:20190602161740j:plain

常に3種類置いてあります。

左上は塩谷町あたりをドライブする家族ですね。

右上は、町の花であるヤマユリの妖精「ユリピー」。塩谷町のキャラクター。

栃木県のホームページの画像と違う!と思ったら、2013年に新しい姿に生まれ変わったようです。

左下は、町の鳥・ヤマセミ、町の花・ヤマユリ、町のシンボル・高原山が

デザインされています。

 

3種類押せるスタンプ台紙があります。

f:id:turtlesan:20190602161830j:plain

左下のスタンプは解説付きで力が入っています!

 

 

㉑うつのみや ろまんちっく村

広~い道の駅です。宿泊棟まであり、家族で半日~1日たのしめそうです。

飲食店も何種類かあるので、悩みます。

 

2012年or2013年~2018年10月押印

f:id:turtlesan:20190602163932j:plain

左側は宇都宮市のマスコットキャラクター、「ミヤリーちゃん」。

宇都宮プライド(https://u-pride100.com/miyary/)のホームページによると、

市の花であるサツキの冠をかぶった妖精だそうです。なかなかかわいいです。

右側のつるは、森のエリア内にある「つるの家」が由来でしょうか。

スタンプは、数年前は物産館にありましたが、現在はメインゲート付近にあります。

宿泊棟にもあるようですが…絵柄は共通なのか、気になるところです。

 

スタンプ台紙

f:id:turtlesan:20190602162036j:plain

 

サシバの里いちかい

カフェ三四八のモーニングに惹かれ、ここ数年、まずはモーニング目的で訪問しています。

自転車の方も立ち寄り、モーニングを楽しまれているようでした。

 

2014年4月(オープン日)~2018年8月押印

f:id:turtlesan:20190602162807j:plain
道の駅の名称にもなっている、タカ科の鳥・サシバのキャラクター「サッちゃん」。

市貝町サシバの繁殖地だそうで、まちおこしセンター内でもいろいろ学べます。

左側は直径約8cm, 右側は縦約9cm×横約8cmの大きめサイズです。

 

 

㉓日光

街中にある道の駅です。

おみやげが充実しており、日光ラスクはパッケージもきれいです。

敷地内にはミュージアム多目的ホールもあります。

 

2015年8月~2017年7月押印

f:id:turtlesan:20190602162853j:plain
日光仮面!

スタンプは商業施設と観光情報館の両方にあります。

 

 

㉔ましこ

全体的におしゃれな雰囲気の道の駅です。

レストランでは大きな窓がある空間でゆったりと食事を楽しむことができます。

お惣菜もおいしそう!

 

2017年5月~2018年6月押印

f:id:turtlesan:20190602162929j:plain

益子町在住の絵本作家・いわむらかずおさんの描くキャラクター。

14ひきのねずみシリーズ、多くの人が優しいタッチのイラストをご覧になったことが

あるかと思います。

那珂川町に「いわむらかずお絵本の丘美術館」があるそうです。

(道の駅ばとうの近くのようです。)

 

 

以上で栃木編はおしまいですが、新たなスタンプを押した際には

ひっそりと更新していきたいと思います。

 

 

 

>次の記事 

 

>前の記事

道の駅スタンプコレクション~栃木編②~

栃木編の続きです。

 

⑨どまんなか たぬま

足湯があったり、レストランの他、屋台風のお店で軽食が充実していたり、

ホールや遊具があったり、大人も子供も楽しめる道の駅です。

佐野ラーメンのおみやげも揃っています。

 

2011年or2012年~2019年1月押印

f:id:turtlesan:20190602155524j:plain
デザインが一緒で形が違う2種類。

相変わらず画像の比がおかしいですが、左側は直径約4.5cmのミニサイズ、

右側は1辺の長さが約6.5cmの、スタンプブックサイズです。

Wikipediaによると、旧・田沼町が北海道の宗谷岬と鹿児島県の佐多岬から

同じ距離に位置し、日本列島の中心を名乗っていたことに由来して、

「どまんなか たぬま」という名称になったとのこと。

スタンプもど真ん中を表すデザインです。

 

 

⑩はが

レストランや軽食、農産物直売所、おみやげ等、とにかく食が充実している印象です。

少し離れたところにある温泉も、多くの方に利用されているようです。

 

2008年~2018年8月押印

f:id:turtlesan:20190602155804j:plain

f:id:turtlesan:20190602155811j:plain

私が知る限りでは、常にこの4種類のスタンプが置いてあったかと思われます。

 

 

那須与一の郷

駐車場に入るところで、立派な与一の像が迎えてくれます。

レストランや直売所、物産館ももちろんありますが、伝承館やギャラリーもあり、

歴史や芸術に触れることもできます。

 

2010年or2011年~2019年4月押印

f:id:turtlesan:20190602155907j:plain

大田原市のキャラクター、「与一くん」。

ずっとこのスタンプの印象です。

 

 

那須野が原博物館

レストランや直売所はありませんが、博物館ではユニークな企画展が行われていたり、

子供たちの体験の場が提供されていたり。

博物館ならではの形で地域の活性化に繋がっているようです。

 

2009年頃~2019年4月押印

f:id:turtlesan:20190602160018j:plain

スタンプは博物館の受付前と道路情報館の2ヶ所にあります。

2種類ありますが、博物館側には両方ともあったような?情報館は1種類?

右側は道の駅の、というより、博物館のスタンプのようですね。

 

 

⑬みかも

国道50号線沿いにあります。

同じ道沿いにある「思川」とセットで行く方も多いのでは?

「どまんなか たぬま」も近いですね。

 

左:2008年押印 右:2014年11月~2019年1月押印

f:id:turtlesan:20190602160218j:plain

右側の印象が強いですが、道の駅マークの時期もあったんですね。

どうして姫なのか、あまり考えたことがありませんでしたが、

万葉集に三毳(みかも)山を詠んだ歌が載っているとのことで、

その時代の姫がイメージされているのでしょうか。

 

 

⑭思川

ジェラートやいちごのデザートが魅力的な道の駅です。

「思川」が位置する小山市の特産品である、ハト麦製品も揃っています。

 

2008年~2019年1月押印

f:id:turtlesan:20190602160316j:plain

おやまブランド・ピンキーちゃん!

栃木県のホームページによると、小山市のキャラクターとして

市の鳥・セグロセキレイの妖精の「セグピー」、

市の花・思川桜の妖精の姉妹の「ピンキー」「ニューピンキー」がいるとのこと!

着ぐるみタイプもなかなかのインパクトです。

 

 

⑮湯西川

野岩鉄道会津鬼怒川線湯西川温泉駅と直結しています。

水陸両用バスで、すぐ近くの湯西川ダム湖のツアー体験までできます!

天然温泉もあるので、観光に休息にと、十分楽しめそうです。

 

 左:2010年or2011年押印 右:2010年or2011年~2017年7月押印

f:id:turtlesan:20190602160524j:plain

2015年8月押印

f:id:turtlesan:20190602160620j:plain

時系列がよく分からなくなってしまいました…。

同時に和温味+カッパver.の2つあり?

カッパは、こちらの道の駅のキャラクター「クリッパ」だそうです。

どうしてカッパ?と思いましたが、道の駅のHPによると、

近くの五十里湖沿いに河童伝説があり、今も語り継がれているからとのこと。

物語の概要が書かれているのでぜひ読んでみて下さい。

※HP情報によると、丸いクリッパのスタンプは2012年から行方不明に

 なってしまったそうです(T_T)

 

 

⑯みぶ

北関東自動車道の壬生(みぶ)PAからも利用できるハイウェイオアシスです。

やはり高速道路側からの利用者が多く、いつも混雑しているイメージです。

道の駅はこの施設内の「みらい館」だけ?と思いきや、

実はものすごく敷地が広く、公園や博物館もあるようです。

立地上、旅の途中に立ち寄って終わってしまうことが多いため、

なかなか公園までは足を伸ばせないのですが、

心地よい季節は散歩をしてみても良さそうですね。

 

2009年頃~2018年5月押印

f:id:turtlesan:20190602160821j:plain
みらい館のスタンプ。

他の場所のスタンプを押せる日がいつか来るでしょうか。

 

 

栃木編、まだ続きます。

 

 

 

>次の記事 

 

>前の記事