のんびり道の駅めぐり

基本的にはのんびり、でも時には強行スケジュールで道の駅めぐりをしています。

<2020栃木>にのみや

高根沢町を出発し、道の駅ましこにふらっと寄りつつ…

 

真岡市の 道の駅にのみや に到着。

f:id:turtlesan:20200927010948j:plain

いちごの生産日本一ということもあり、いちごだらけの道の駅です。

 

こちら、2020年3月にリニューアル!

以前の農産物直売所は、昔ながら?の開放的なスペースだった記憶がありますが、

しっかりとした建物ができていました。

 

 

お昼過ぎだったのでお食事処で昼食。

リニューアルした建物の奥の方にあります。

f:id:turtlesan:20200927011231j:plain

食券を購入し、カウンターのところに持っていくとブザーを渡されるシステム。

 

 

主人は天ぷら盛りそば

f:id:turtlesan:20200927011354j:plain

 

私はいちごカレー

f:id:turtlesan:20200927011426j:plain

このお米、なんといちごで炊かれており、

いちごの味と粒々もしっかり感じられます。

葉っぱときゅうりがいちごのヘタを表しているようですね。かわいいです。

カレーはダムのようにちゃんと内部にも入っています。

 

 

お腹が満たされたところで直売所内をぶらぶら。

f:id:turtlesan:20200927011937j:plain

真岡市はかつて木綿の生産が盛んだったとのこと。

その伝統がしっかり受け継がれているようです。

 

パン屋さん

f:id:turtlesan:20200927012421j:plain

リーズナブルな価格のパンが多種類。

 

その隣にはジェラートのお店。

いちごづくしのメニューでした。

 

高根沢にもジェラートがありましたが…もうちょっと暑ければ!

9月も末頃からやっと涼しくなってきましたね。

この夏は家でアイスバーを食べる日々が続いていました。

 

 

残念ながらいちご情報館は休館中のようです。

f:id:turtlesan:20200927012610j:plain

中を見た感じではリニューアル前とあまり変わっていなさそうでしたが、

こちらも休館明けは少しずつ変化があるのでしょうか?

 

 

今回はここまで。

次はいつどこに行こうか、全くの未定です。

 

 

 

>前の記事 

<2020栃木>たかねざわ 元気あっぷむら

続いては塩谷郡高根沢町道の駅たかねざわ 元気あっぷむら へ!

既存の施設が2020年4月に道の駅としてリニューアルオープンしたそうです。

 

まずは情報提供施設へ。(外観写真撮れずすみません)

f:id:turtlesan:20200927002557j:plain

小さい建物ではありますが、テーブルとイスが並び、パンフレットも多数。

スタンプもこの空間にあります。

 

f:id:turtlesan:20200927002656j:plain

2階へと続く階段。

この日は2階で消しゴムはんこのワークショップが開催されていたようです。

 

敷地を表した模型。

f:id:turtlesan:20200927002425j:plain

中央上の大きい建物がメインとなる本館。

右上の小さい建物は現在地です。トイレも併設されています。

 

 

こちらが本館。

f:id:turtlesan:20200927003147j:plain

天然温泉やホール、売店、レストランなどが入っている大き~い建物です。

中はすぐに温泉施設っぽい雰囲気だったので、入館は遠慮してしまいましたが

側面の大きな窓からはソファでくつろいでいる人々の姿が見えました。

 

f:id:turtlesan:20200927005247j:plain

 

 

本館の向かいには農産物直売所。

f:id:turtlesan:20200927003523j:plain

 

暗めの照明の中、至るところに置かれた観葉植物がおしゃれです。

野菜はもちろん、お茶や食肉加工品、漬物、お惣菜等々。

f:id:turtlesan:20200927003536j:plain

f:id:turtlesan:20200927003544j:plain

f:id:turtlesan:20200927003608j:plain

この日はそこまで混んでおらず、スペース的に問題は無かったのですが

それでもレジに向かって長蛇の列ができていたので…

混雑している日はちょっと大変かもしれません。

 

 

隣にはジェラートのお店。

f:id:turtlesan:20200927004343j:plain

f:id:turtlesan:20200927004350j:plain

夏はもちろん、冬でも温泉上がりのジェラートなんて良いですね。

 

 

さらに奥に進んでみると…

 

レストラン カンパーニャ

f:id:turtlesan:20200927004601j:plain

まさかのイタリアンレストラン!

パスタランチやピザ、おいしそうなメニューが揃っています。

 

トレーラーハウスミニレストラン

f:id:turtlesan:20200927005023j:plain

ホットドッグやクラフトビール、レモネードなど販売。

前の広場でのんびり食べられそうです。

 

 

f:id:turtlesan:20200927005217j:plain

噴水。雨だったのがもったいないです…。

 

f:id:turtlesan:20200927005356j:plain

今は遊べないようですが、遊具もありました。

 

 

さらに奥を指し示す「グランピング」の看板。

何かのスポーツ?とスルーしてしまったのですが…

 

グラマラス×キャンプ というキャンプのスタイルの1つであり、

自然の中にいながら豪華で快適な滞在ができるそうです!

2~4名ごとにトレーラ内で過ごせ、

手ぶらで行ってもバーベキューが楽しめるみたいです。

温泉にも入れるし最高ですね。

キャンプには縁遠い私でも大変興味があります。

 

アクティブにキャンプを体験するのも良し、

温泉でゆっくり過ごすのも良し、

野菜を買いに、食事をしにふらっと立ち寄るのも良し、

幅広い目的で利用できそうな道の駅でした!

 

 

続きます。

 

 

 

>次の記事 

 

>前の記事

<2020栃木>サシバの里いちかい

かなり久しぶりの道の駅訪問・ブログ更新です。

新型コロナウイルスの影響で…

3月以降は極力外出せず、仕事もテレワークになったこともあり、

長期間にわたる引きこもり生活をしていました。

仕事、仕事、仕事、フォートナイト、近所で買い物、の季節感ゼロの生活。

万歩計も週に1万歩いけば良い方というほどのひどい運動不足。

 

冬が終わり楽しみにしていたはずの道の駅めぐりもしないまま、

春と夏を飛び越えてしまいました。

 

完全にゼロにはできないこの感染症とどう付き合っていけば良いか、

対策方法に絶対はありませんが、数ヶ月かけて世の中の多くの人の意識が

変わってきたものと思います。

自分にできる限りの注意を払いつつ、7ヶ月ぶりの道の駅めぐりへと出発しました。

 

 

復帰後第1号に選んだのは 道の駅 サシバの里いちかい

f:id:turtlesan:20200926214244j:plain

 

 

ここに訪問する一番の目的は、やはりカフェ三四八のモーニング!

f:id:turtlesan:20200926214314j:plain

フードコートのような、「ふれあいスペース」内にあります。

 

HPを見ても営業時間がよく分からなかったのですが、

とりあえず9時に行けば間違いなさそうだったので9時過ぎに到着。

カフェ三四八は8時には始まっていたようです。

(前は7時からでした。営業時間は変動しうるのでご注意ください。)

 

f:id:turtlesan:20200926214328j:plain

パンはパン・ド・ミ、ドリンクはカフェラテ。

休日の早起きは辛いですが、このさわやかな朝食を目指しての早朝ドライブは

お得感があります。

こちらのモーニングを食しているお客さんの姿もちらほら見えました。

 

 

朝から天気は怪しかったのですが、少し強めの雨に移行。

 

屋根付きの通路のおかげで、建物間の移動は傘無しで大丈夫です。

f:id:turtlesan:20200926214704j:plain

 

直売所の方に移動。

新鮮な野菜はやはり地元の人々に人気ですね。

おみやげや雑貨のコーナーはふらっと見ていても楽しいです。

 

市貝町のキャラクター・サシバのサッちゃんのグッズ。

f:id:turtlesan:20200926214852j:plain

市貝町は、タカの仲間であるサシバの繁殖地だそうです。

久々にPCに打ち込むとやっぱり"差し歯"になってしまいますよね…。

 

おしゃれなジャムやドレッシング。

f:id:turtlesan:20200926214843j:plain

 

宮古島コーナー!

f:id:turtlesan:20200926214831j:plain

サシバ繋がりで市貝町宮古島市は交流都市だそうです。

 

 

こちらには、もともと今年の春に訪問するつもりでいました。

というのも、4月~5月は毎年、市貝町芝ざくら公園で芝ざくらまつりが開催され

一面に広がる芝桜のじゅうたんを楽しむことができるのです。

そのタイミングで…と思っていたのですが、今年の春は公園閉鎖。残念です。

開催されても出かけるのは厳しいですしね…。

来年はどうなるのでしょうか?またきれいな風景を見に行きたいです。

 

 

続きます。

 

 

 

>次の記事 

 

>前の記事 

潮来~銚子ドライブ

風は強いものの天候に恵まれた一日、潮来~銚子メインのドライブ!

 

11時前、道の駅いたこに到着。

f:id:turtlesan:20200226221320j:plain

 

 

フォーのキッチンカー

f:id:turtlesan:20200226221344j:plain

フォー自体はベトナム料理ではありますが、HPによると

潮来の米にこだわり、米粉から米麺に進化させることで農業所得向上の

効果を期待する」潮来プライドプロジェクトが進められているそうです。

 

前回訪問時はグラスハウス(グラウンドゴルフ受付などあり)の前に屋台が

ありましたが、今回は情報棟とうるおい館(物産館)の間のスペースにありました。

 

キッチンカーの前に数テーブル、あとはグラスハウスや食堂でも食べられます。

しかし…この日は風が強く、食堂もフリースペースとして使用できるのは

14~17時とのことだったので…また別の機会にさせていただきますm(_ _)m

 

 

11時に食堂「おふくろ亭」がオープンしたので、こちらで昼食をとることに。

f:id:turtlesan:20200226221430j:plain

 

おかずを自由に選び、ごはん・味噌汁やラーメンはレジで注文するスタイル。

 

主人はラーメンを注文

f:id:turtlesan:20200226221456j:plain

日当たりが良い席

 

私はごはんと味噌汁を注文

f:id:turtlesan:20200226221512j:plain

ごはんは「普通」「大盛」から選べ、こちらは「普通」です。

 

写真のヨーグルトはうるおい館でも購入できます。

f:id:turtlesan:20200226221555j:plain

別のショーケース内にブルーベリー味もありました。

 

 

お腹が満たされたところで、ひたすら国道124号線を走り、千葉県に突入!

犬吠埼にやってきました。

道中、行列ができている魚介料理屋がたくさんありました🐡

 

犬吠埼灯台

f:id:turtlesan:20200226221635j:plain

f:id:turtlesan:20200226221649j:plain

f:id:turtlesan:20200226221719j:plain

特徴的な地形。砂岩泥岩互層だそうです。


犬吠テラステラス

f:id:turtlesan:20200226221734j:plain

1階にはカフェやパン屋(グランテラス筑西にもあるOhana)、野菜売り場等々、

2階には千葉県産の商品が揃った売店があり、海を眺めることもできます。

 

 

車を西方向に走らせ、道の駅 季楽里あさひ に到着。

 

麦茶を購入。

f:id:turtlesan:20200226221809j:plain

ちょうど、ティーバッグではないタイプのものを探していました。

 

デザートに、あさピー焼き(160円/個)

f:id:turtlesan:20200226221823j:plain

旭市のキャラクター。たい焼きのあさピー版といったところです。

主人はつぶあん、私は白あん。

 

最後に 道の駅 水の郷さわらを覗いて帰路につきました。

 

天気が良かったのでドライブは快適でしたが、

外を気持ち良く散策できる春が待ち遠しいです。

 

 

前回訪問時の記事もご参考になれば幸いです。↓↓

 

 

>次の記事 

 

>前の記事 

 

新・道の駅さかいで昼食

冬らしく朝晩の冷え込みが厳しい日が続きますが、

晴れた日の車の中は暖かく、ドライブ日和となりますね。

 

そんな休日、茨城県猿島郡境町の道の駅さかいへと出発。

前回の訪問は2018年9月。

訪問後に少しずつバージョンアップしていたようで・・・

今回はそちらを楽しみに向かいます!

 

おなじみの入り口

f:id:turtlesan:20200208223631j:plain

どーんと構えているのは、堺町観光協会マスコットキャラクター「サカイタチ」。

 

建物と同様、公衆電話ボックスも蔵造り風。

f:id:turtlesan:20200208223932j:plain

 

 

入り口から情報館を抜けてすぐの物産館。

もちろん野菜やさしま茶など境町産の特産品の品揃えも良いのですが、

地元のものにこだわりすぎていない感じで逆に新鮮です。

 

全国各地のユニークな醤油や調味料がずらーっと

f:id:turtlesan:20200208225316j:plain

f:id:turtlesan:20200208225328j:plain

醤油は容器も統一されているので、揃え甲斐がありそうです。

醤油のセレクトショップ「職人醤油」の商品だそうです。

 

 

境町の地ビール

f:id:turtlesan:20200208225754j:plain

 

道の駅と同じ敷地内に「さかい河岸ブルワリー」があり、

ここで地ビール醸造されているとのこと。↓↓

f:id:turtlesan:20200208225846j:plain

 

 

境町とDHCのコラボ!さしま茶+葉酸サプリメント

f:id:turtlesan:20200208230235j:plain

 

 

「さかい」と沖縄の道の駅「ゆいゆい国頭」は友好交流協定を

結んでいるそうです。道の駅間でそんな協定があるんですね・・・。

f:id:turtlesan:20200208230621j:plain

店内にBLUE SEALアイスやらオリオンビール酵母のおつまみやら

たまに沖縄感があるな、と思っていたら、こういうことだったようです。

 

「ゆいゆい国頭」、昨年の9月に訪問しています ↓↓ 。

<2019沖縄>ゆいゆい国頭~許田 - のんびり道の駅めぐり

 

 

奥の方に進むと、そばやうどん、ラーメンをいただける

「さかいの台所」

f:id:turtlesan:20200208231610j:plain

 

 

この時点で11時半。

お食事処の選択肢はたくさんありますが、今回選んだのは

「さかいサンド」!

f:id:turtlesan:20200208232550j:plain

2018年10月オープン。

前回訪問時のわりとすぐ後にできていたみたいです。

道の駅正面入り口から入って、情報館と物産館の間のスペース、左側にあります。

(最初、気づかず通り過ぎてしまいました。)

 

木造のおしゃれな店内。

ショーケースにはボリューミーなサンドイッチが並んでいます。

 

イートインスペースでいただきます。

 

f:id:turtlesan:20200208233221j:plain

私は左側の

・サーモンカツとアボカドサンド

・さしま茶紅茶(さしま茶はこの辺りの特産品です)

 

主人は右側の

・手作りハムとチーズのサンド

・たっぷりツナサンド

サザコーヒー茨城県ひたちなか市に本社があるコーヒー店!)

 

f:id:turtlesan:20200208234019j:plain

こんな便利グッズが!

 

f:id:turtlesan:20200208234037j:plain

使ってみました。

ボリューミーなサンドイッチって、変なところからはみ出てしまうんですよね。

こういうちょっとした工夫で食べやすくなるのはありがたいです。

 

デザート系のサンドイッチもおいしそうでした。

 

12時前の時点で続々とお客さんが入ってきて大盛況でした!

 

f:id:turtlesan:20200208234436j:plain

 

 

満足したところで、県道17号線沿いに歩いて行きます。

 

 

従来の道の駅と、何やら少し繋がっています。

f:id:turtlesan:20200208234851j:plain

f:id:turtlesan:20200209000104j:plain

f:id:turtlesan:20200208235100j:plain

こちらは2019年4月にオープンした「河岸レストラン茶蔵」。

設計者は、新国立競技場を手がけた隈研吾さんだそうです。

 

f:id:turtlesan:20200208235606j:plain

 

f:id:turtlesan:20200208235618j:plain

1階はビュッフェスタイルのレストラン「さかいキッチン」、

2階には梅山豚や常陸牛メインのコースを楽しめる「さかい鉄板」、

さしま茶を使ったドリンクとスイーツを味わえる「さしま茶サロン」があり、

違ったタイプのリッチな食事をいただくことができます。

 

外から2階に行くこともできます。

f:id:turtlesan:20200209000159j:plain


1階も2階も、入っていきなり店がある感じだったので、

すでに食事を済ませた私たちには恐れ多くて入ることができませんでしたm(_ _)m

 

 

レンタサイクル

f:id:turtlesan:20200209002426j:plain

近くを流れる利根川沿いもサイクリングできるそうで、気持ち良さそうです。

 

 

道の駅のホームページって、何種類かあって最新情報が見つけにくく感じるのですが

道の駅さかいは、こちら ↓ のホームページ内が最新かつ分かりやすいかと思います。

https://www.sakaimachi.co.jp/

 

 

すぐ近くの 道の駅ごか は駐車場が混んでいたのでスルーし・・・

大型ショッピングモールの「モラージュ菖蒲」と「イオンモール羽生」に寄って

充実した1日を終えることができました~。

 

冬はやっぱりどうしても、道の駅から遠のいてしまいます。

暖かくなったら日光あたりにまた行きたいな、と企んでいます。

 

 

 

>次の記事 

 

>前の記事 

道の駅スタンプコレクション~宮城編②~

宮城編の続きです。

 

⑨林林館

「津山」「米山」、この後に登場する「みなみかた」と同じく、

登米市に位置する道の駅。

名前からも連想できる通り、温かみのある木造の建物です。

 

左側:2009年頃押印 右側:2014年9月押印

f:id:turtlesan:20190608230808j:plain

しっかり押せていなくてすみません…。

左側はレストラン森の茶屋、右側はさらに林林館本館を加えたデザインでしょうか。

 

 

⑩上品の郷

じょうぼんのさと、と読みます。

バイキング形式のレストランや温泉まで揃っています。

スタンプブック内で取り上げられているしじみアイスが気になる!

2014年版に載っていたしじみクッキーも味の想像がつきません。

 

2008年押印

f:id:turtlesan:20190608230938j:plain

建物のデザインのスタンプが色違いで用意されていました。

横に長く珍しいタイプですね。

 

2014年9月押印

f:id:turtlesan:20190608230956j:plain

「上品の郷」のキャラクター、お郷ちゃん。

 

 

⑪みなみかた

地域が「もっこりと盛り上がるように」との想いで、

もっこりの里という愛称がついています。

ニラやごぼうチップスがおすすめされています。

 

2009年頃~2014年9月押印

f:id:turtlesan:20190608231049j:plain

スタンプももっこり!

 

 

⑫村田

村田町ではそら豆が特産品とのことで、アイスや大福などのデザートにも使われ、

こちらの道の駅でも売りになっています。

豆系は食事にもデザートにもマッチしそうですね。 

 

左側:2014年9月押印 右側:2019年7月押印

f:id:turtlesan:20190715212614j:plain

建物のデザインですね。

目の錯覚ではなく、微妙に変化していますよね…?

 

 

⑬三滝堂

未訪問です。

訪問次第、掲載します!

 

 

⑭おおさき

未訪問です。

訪問次第、掲載します!

 

 

⑮かくだ

2019年4月オープンの道の駅。

角田市をはじめ、県南エリアの特産品の品揃えが豊富です。

f:id:turtlesan:20190715213148j:plain

この画像では見えにくいかと思いますが、米・豆・梅・夢・姫、

角田市の 5つの"め" が刻まれています。

実際に訪れてみると何のことかすぐに分かるはず…?

後ろのうっすら道の駅マークは、スタンプブックのフリースペースの背景ですm(_ _)m

 

 

宮城編は以上です。

未訪問の場所もありますし、今後さらに増えるのが楽しみです。

 

 

 

 

>次の記事 

 

>前の記事 

 

 

 

道の駅スタンプコレクション~宮城編①~

私が過去に集めた、宮城県の道の駅のスタンプをご紹介します。

 

①七ヶ宿

宮城県の南部に位置する道の駅。

すぐ近くに大きな七ヶ宿ダムがあります。

 

左側:2010年5月押印 右側:2014年9月押印

f:id:turtlesan:20190608225527j:plain

2014年4月に移転オープン。

「ビューランドありや」は移転前の建物名です。

移転直後はスタンプは更新されずに建物名のみ削ぎ落とされたのでしょうか。

 

2019年7月押印

f:id:turtlesan:20190715212344j:plain

スタンプが更新されていました!

この少年?青年?の名前は「ゆり太郎」と判明。

源流ポッチョンも仲間入り。

七ヶ宿町の花は「オトメユリ」だそうで、ゆり太郎の名前はここから来ているようです。

源流ポッチョンにもユリがくっついています。

 

 

②津山

木工品がたくさん並ぶ温かみのある道の駅です。

遊具もあるほか、クラフト体験ができるので

夏休み、楽しみながら子供の自由研究の題材探しをするのも良さそうです。

 

左側:1995年押印 右側:2009年頃~2014年9月押印

f:id:turtlesan:20190608225711j:plain

パッと見は同じですが、微妙~に違います。

 

 

③三本木

「ひまわりの丘」の近くに位置しています。

スタンプブック内でも炒ったひまわりの種を使ったひまわりソフトや

飼料にひまわり油を加えた鶏のたまごなどがピックアップされています。

 

1995年押印

f:id:turtlesan:20190608225836j:plain

1989年に亜炭記念館がオープンした後、1995年に道の駅として登録されたとのこと。

このスタンプは亜炭記念館のものですが、道の駅登録後に訪問しました!

「道の駅」と書かれたスタンプがあったかどうかは分かりません…。

 

2006年頃~2014年9月押印

f:id:turtlesan:20190608225952j:plain

ひまわりがシンボルの町ということで、ひまわり型のかわいらしいスタンプです。

 

 

④路田里はなやま

「自然薯の館」と呼ばれる通り、自然薯が販売されているほか、

レストランでも自然薯を味わうことができます。

 

左側:2008年押印 右側:2014年9月押印

f:id:turtlesan:20190608230157j:plain

こちらのスタンプも微妙~に違います。

左側には「花山村」の表記。2005年に合併し栗原市となっています。

 

 

大谷海岸

気仙沼線大谷海岸駅の駅舎でもあった道の駅。

一帯は東日本大震災でとても大きな被害を受け、駅も損傷してしまいましたが

海産物が並ぶ温かい道の駅としてリニューアルオープンしています。

大谷海岸駅は移設され、BRT駅(バス)として再開しています。

 

2009年頃押印

f:id:turtlesan:20190616164652j:plain

訪問時、水槽になんとマンボウがいました!

漁網にかかったマンボウを飼育していたようです。

右側のスタンプ、ピンク色の薄いインクで見づらく…

コントラストを調整したりしたのですが、何かの裏紙に押してしまったため

裏側の方が強調されてしまい、私の能力ではこれ以上の加工ができませんでした…。

 

2014年9月押印

f:id:turtlesan:20190608230259j:plain

こちらのマンボウの表情もかわいらしいです。

 

 

⑥おおさと

モロヘイヤづくしの道の駅?

スタンプブック内でもモロヘイヤ系の料理やお菓子が「いいもの三品」として

取り上げられています。

 

2008年~2014年9月押印

f:id:turtlesan:20190608230353j:plain

道の駅のシンボルの塔のようです。

2つ並べてみましたがおそらく色が違うだけで同じでしょうか?

同じスタンプでも、時期によって・押印場所によって、用意されているインクの色が違ったりします。

 

 

⑦米山

道の駅がある登米市米山町出身の力士・丸山権太左衛門の像が出迎えてくれます。

 

2009年頃~2014年9月押印

f:id:turtlesan:20190608230434j:plain

スタンプにも力士の姿!

チューリップも描かれていますが、こちらの道の駅では春にチューリップまつりが

開催されるようです。

 

 

あ・ら・伊達な道の駅

スタンプブックの説明文によると、伊達政宗が青年期を過ごした地とのこと。

いつも混雑しているイメージです!

北海道のロイズのお店が入っています。北海道の当別町姉妹都市だそうです。

 

左側:2006年頃 右側:2014年9月

f:id:turtlesan:20190608230539j:plain

伊達政宗が乗った馬をイメージしているのでしょうか?

単なる色違いに見えて、実はサイズと細かい部分が違います。

左側は直径約8cm、右側は直径約5cmです。

 

 

宮城編、続きます。

 

 

 

 

>次の記事 

 

>前の記事