のんびり道の駅めぐり

基本的にはのんびり、でも時には強行スケジュールで道の駅めぐりをしています。

<神奈川>箱根峠~山北~清川

ついに神奈川県!

前日は東京で用事があったのでそのまま宿泊し、朝から神奈川方面へ。

高層ビルに囲まれた首都高を走り抜け、

あの有名な東名高速道路に(多分)人生初突入、

そしてあの有名な海老名SAの広大さに驚きながら、最初に向かったのは

道の駅 箱根峠

f:id:turtlesan:20170910222106j:plain

頭の中でこっそりと「箱根八里の半次郎」が流れています。

夏に戻ったかのような暑い1日でしたが、こちらに着いて外に出てみると

少し涼しい。さすが、標高810mだそう。

 

f:id:turtlesan:20170910222830j:plain

こじんまりとした建物の中には、産直野菜、おみやげ、パンフレットのコーナーが

それぞれコンパクトにまとまっていました。

小さな食堂もあり、外でも食べられるようでした。

 

高いところからの景色が見渡せます。

f:id:turtlesan:20170910222332j:plain

 

案内によると、手前に見える湖は芦ノ湖

遠くに広がる山々は神山~駒ヶ岳~二子山だそうですが…

f:id:turtlesan:20170910222343j:plain

 

他の案内もこのような状態だったので…

せっかく景色が良いところなので、案内を更新していただけると

ありがたいです!

 

 

隠れた名店がありそうな道沿いやリゾートホテルを横目に、

途中、静岡県にも突入しながら、道の駅 山北 に到着。

f:id:turtlesan:20170910222700j:plain

 

駐車場は道沿いに3かたまりほどありましたが、あまり数は多くなく、

しかし路上で停まるわけにもいかないような立地なので、

なんとかタイミング良く駐車場に入りたいところです。

私たちはいったん通り過ぎて、少し先で方向転換して戻ってきました(^_^;)

 

建物の奥の方には小さな食堂。

売店ではキツネなどの高級毛皮が販売されていました。

そして、魚のリアルな置物があるな、とよく見てみると…

なんと燻製!だそうで、「そのままむしって食べてください」とのコメントが。

置いてあったチラシに書いてあった「虹鱒くん」というのが商品名のようです。

むき出しで置いてあったので、手で持ってからびっくりです。

 

 

この日、最後に向かったのは 道の駅 清川

f:id:turtlesan:20170910222754j:plain

f:id:turtlesan:20170910223119j:plain

道の駅は左下の区画のみ。

こちらには食堂が無いので、昼食は途中のファミレスで済ませました。

 

この時点で14時でしたが、産直野菜の多くは売り切れていました。

 

階段をのぼって2階に行くと、休憩中の方がたくさん。

小さな施設ではありますが、憩いの場として利用されているようです。

 

2階では手作り品が販売されていました。

入った途端、い草の香りを強く感じたのですが、畳を使った小物が

並んでいたからみたいです。

他にも木工品や手芸品、アクセサリーなど、いろいろなタイプの手作り品が

ありました。

 

顔はめパネル

f:id:turtlesan:20170910223229j:plain

左下にいるのは清川村マスコットキャラクター、きよりゅん。

 

 

途中、富士山が見えそうなスポットがありましたが、雲が厚かったせいか

見えなかったのが残念です(>_<)

神奈川県の道の駅、3ヶ所とはいえそれぞれの距離がけっこう離れています。

スタンプブックの表記では、

箱根峠~(41.4km)~山北~(43.0km)~清川

いずれも、まさに旅の休憩スポット、という感じの道の駅だったので、

温泉や町並みを楽しみながら行った方が魅力倍増かもしれません。